リューマチ(リウマチ)の自己診断方法

自分がリューマチかもしれないと疑いだしたときに次のような自覚症状があれば専門医を尋ねることをお勧めします。

○これまで血液検査でリウマチ反応陽性であると言われたことがある。


○朝、起床時に手がこわばる(動かしづらい、曲げにくい等)感じがしばらく続く(30分以上)。


○関節が腫れている、または痛い関節が複数箇所ある。


○手首、手指の関節(第一関節を除く)のどこかが1箇所でも腫れて痛む。


○明らかに手指、足指が変形してきた。

これらの症状が自覚症状である場合はリューマチ(リウマチ)の専門医、もしくは専門資格などを持った医師の診察を受けることをお勧めします。

薬などで治療もするが、漢方薬や温泉の湯治などで痛みを和らげたり、緩和させたりするという方もいます。

湯治は心をリラックスさせ精神的にもプラスに働くと思われますので、リウマチの痛みを緩和するのに効果がある温泉を訪ねるのもまたひとつの手かもしれません。


関節の痛みに効果がある温泉

リューマチ(リウマチ)について

関節リューマチ(リウマチ)が正式命の疾病。
自己免疫疾患(免疫は自分の体に外部から入ってきた細菌やウイルスなどに反応し、排除する仕組みである。これがなんらかの誤りで自分自身の成分に反応し破壊してしまう)の一種で膠原病ともいわれる。


関節が痛いだけではなく、症状は疲れやすい、だるい、微熱などの全身の症状にも及ぶ。

進行すると関節が破壊され、一度破壊された細胞は元に戻ることはない。また、まれに内臓に及ぶこともしばしば。

リューマチには年齢は関係なく、老人の疾病だとおもわれがちではあるが、若年層にも見られる疾病である。


原因は不明で、ウイルス性とも言われるが、感染することはない。
薬や治療方法は発見されておらず、難病の一種。

体調もまちまちで、歩くこともつらいこともある。人の手を借りなければ歩くこともできないこともあり、患者に対しては理解が必要である。


関節リューマチ(リウマチ)は欧米で“Rheumatoid Arthritis”と呼ばれていることから、頭文字をとって“RA(アール・エー)”と言うこともある。

体があちらこちらが痛むからと勝手にリウマチだと自己判断せず、何か疑わしいことがあれば専門医による検査を受けることが必要である。

血液検査でリューマチ(リウマチ)反応が陽性だったからと必ずしもリューマチ(リウマチ)であるとは限らず、リューマチ以外の疾病(膠原病、感染症、肝疾患)でも陽性反応が出る。

リウマチは遺伝するといわれている(親兄弟がリューマチの場合はそうでない人に比べてリューマチになる確率が4倍も高いといわれている)が、必ず遺伝するとも限らず、生活環境などにも起因するため、決め付けるのは難しい。


リューマチの薬

関節リューマチ(リウマチ)は関節に炎症が起こる事で関節の腫れや痛みが起こる病気です。
また貧血や微熱、倦怠感、体重減少等の症状も伴います。

関節リューマチ(リウマチ)の治療薬には、炎症を抑え和らげる抗炎症薬と炎症を本から鎮める抗リューマチ(リウマチ)薬の2種類があります。
抗炎症薬はリューマチ(リウマチ)を根本的に治療する薬ではない為、使用を止めればリューマチ(リウマチ)は再び悪化します。
その為抗炎症薬は抗リューマチ(リウマチ)薬と併用して使用する形になります。

抗リューマチ(リウマチ)薬は、リューマチ(リウマチ)の原因となっている免疫の乱れを整え症状を改善する薬です。
効果が現れ始めるまでには早くて1ヶ月か場合によっては数ヶ月要する事もある為、抗炎症薬で腫れや痛みを抑えながら使用します。
抗リューマチ(リウマチ)薬は残念ながら全ての患者に対して有効ではなく、効果が出た薬でも長期間使用する事で効き目がなくなる場合もあるようです。
その場合は他のリューマチ(リウマチ)薬を使用しますが、効果が現れ始めて治ったかのように感じられても、使用を中断すると再び悪化する事があります。
そうなると再びその薬剤を使用しても効果がないといった場合もあるようです。

関節リューマチ(リウマチ)の治療薬は長期間にわたって使用する為、副作用を起こす例も多いようです。
副作用と思われるような自覚症状がある場合は早めに主治医に相談する事が大切です。
また定期的に検査を受け、副作用のチェックを行いましょう。
骨粗鬆症や胃腸障害等の副作用はあらかじめ骨代謝関連薬や胃腸薬の服用により予防する事ができるようです。

薬が合わない人や、症状が改善しないなどで悩んでいる方には温泉で湯治をするなどの方法もあるようです。

お勧めの湯治温泉

リューマチ(リウマチ)の症状

「リューマチ(リウマチ)性疾患」とは、骨や関節、筋肉など、体を支えて動かす運動器官が全身的な炎症を伴い侵される病気を総称していいます。

関節に炎症が続いて、関節が徐々に破壊され、やがて機能障害を起こす病気を「関節リューマチ(リウマチ)」と呼んでいます。

関節リューマチ(リウマチ)の典型的な症状として挙げられるものは「関節の腫れ」。

その中でも最も症状が出やすいのが、手首や手足の指の関節。

また、関節リューマチ(リウマチ)の症状は、左右両側の関節にあらわれることが多いのが特徴です。
関節リューマチ(リウマチ)は、腫れを伴い、じっとしていても痛いのが大きな特徴です。

関節リューマチ(リウマチ)に免疫機構に異常が生じ、その結果関節に炎症が起こって生じるものです。免疫機構とは、外敵を攻撃し排除するシステムで、人間が持つ性質です。

免疫機構が組織を外敵と誤り、攻撃して排除しようとします。間に争いが起こると、炎症とともに関節が破壊されるのです。こうした現象が関節に起こる病気が関節リューマチ(リウマチ)です。
関節で炎症が続くと、関節の中にある「 滑膜(かつまく)に血管や細胞が増えて滑膜、が厚く腫れて 。腫れあがった滑膜は軟骨部分や靱帯(じんたい )を破壊し、進行が進めは骨にまで進行します。

リューマチ(リウマチ)関節炎症状・概要

「リューマチ(リウマチ)性疾患」とは筋・骨・関節の病気である。

「膠原(こうげん)病」という名前の病気もあるが、これは昔は病変の主体が皮膚の結合組織の中の膠原線維にあると思われていたためであるが、現在でも使用されている。関節リューマチ(リウマチ)は広い意味の膠原病に含まれる。

 関節リューマ(リウマチ)チは全身の炎症性疾患であるが、関節炎が主な症状としている。

その原因は異常な自己免疫によるもので、サイトカインという物質を分泌し免疫において重要な働きをしているリンパ球が異常な働きをした結果、余計な抗体が現れ自己の関節の組織に結合して関節炎を引き起こすというものである。

なぜ異常な働きをするようになるのかは、まだ原因は解明されていない。発症の引き金の1つとして、ウイルス感染も考えられている。

 関節リューマチ(リウマチ)は主に女性に多い疾患である。

発症は30歳代から40歳代が最も多いが、、完治する(治癒)疾患ではないので、結果的に高齢者に多く見られる病気となる。

ごく一部の人には1〜2年位で関節痛もなくなり、さも治ったかのように感じる例もまれにあるが、多くはよくなったり悪くなったりを繰り返しながら次第に関節変形などが進んで行くというのが実情です。

まれに非常に速く病状が進行する例もある。
遺伝するかといえば、そういう場合もある、ともいえます。

白血球の血液型のうちHLA-DR4という型の人は関節リューマチ(リウマチ)になりやすく、その型が遺伝した人もなりやすくなるという報告がある。

関節リューマチ(リウマチ)の程度は、症状がほとんどない軽いものから薬をいろいろ使ってもなかなか抑えきれない重いものまで種々のものがあり、温泉などの湯治で治療する人まで治療方法は実にさまざまです。

リューマチ(リウマチ)関節痛に効く温泉

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。