リューマチの薬

関節リューマチ(リウマチ)は関節に炎症が起こる事で関節の腫れや痛みが起こる病気です。
また貧血や微熱、倦怠感、体重減少等の症状も伴います。

関節リューマチ(リウマチ)の治療薬には、炎症を抑え和らげる抗炎症薬と炎症を本から鎮める抗リューマチ(リウマチ)薬の2種類があります。
抗炎症薬はリューマチ(リウマチ)を根本的に治療する薬ではない為、使用を止めればリューマチ(リウマチ)は再び悪化します。
その為抗炎症薬は抗リューマチ(リウマチ)薬と併用して使用する形になります。

抗リューマチ(リウマチ)薬は、リューマチ(リウマチ)の原因となっている免疫の乱れを整え症状を改善する薬です。
効果が現れ始めるまでには早くて1ヶ月か場合によっては数ヶ月要する事もある為、抗炎症薬で腫れや痛みを抑えながら使用します。
抗リューマチ(リウマチ)薬は残念ながら全ての患者に対して有効ではなく、効果が出た薬でも長期間使用する事で効き目がなくなる場合もあるようです。
その場合は他のリューマチ(リウマチ)薬を使用しますが、効果が現れ始めて治ったかのように感じられても、使用を中断すると再び悪化する事があります。
そうなると再びその薬剤を使用しても効果がないといった場合もあるようです。

関節リューマチ(リウマチ)の治療薬は長期間にわたって使用する為、副作用を起こす例も多いようです。
副作用と思われるような自覚症状がある場合は早めに主治医に相談する事が大切です。
また定期的に検査を受け、副作用のチェックを行いましょう。
骨粗鬆症や胃腸障害等の副作用はあらかじめ骨代謝関連薬や胃腸薬の服用により予防する事ができるようです。

薬が合わない人や、症状が改善しないなどで悩んでいる方には温泉で湯治をするなどの方法もあるようです。

お勧めの湯治温泉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。