リューマチ(リウマチ)の症状

「リューマチ(リウマチ)性疾患」とは、骨や関節、筋肉など、体を支えて動かす運動器官が全身的な炎症を伴い侵される病気を総称していいます。

関節に炎症が続いて、関節が徐々に破壊され、やがて機能障害を起こす病気を「関節リューマチ(リウマチ)」と呼んでいます。

関節リューマチ(リウマチ)の典型的な症状として挙げられるものは「関節の腫れ」。

その中でも最も症状が出やすいのが、手首や手足の指の関節。

また、関節リューマチ(リウマチ)の症状は、左右両側の関節にあらわれることが多いのが特徴です。
関節リューマチ(リウマチ)は、腫れを伴い、じっとしていても痛いのが大きな特徴です。

関節リューマチ(リウマチ)に免疫機構に異常が生じ、その結果関節に炎症が起こって生じるものです。免疫機構とは、外敵を攻撃し排除するシステムで、人間が持つ性質です。

免疫機構が組織を外敵と誤り、攻撃して排除しようとします。間に争いが起こると、炎症とともに関節が破壊されるのです。こうした現象が関節に起こる病気が関節リューマチ(リウマチ)です。
関節で炎症が続くと、関節の中にある「 滑膜(かつまく)に血管や細胞が増えて滑膜、が厚く腫れて 。腫れあがった滑膜は軟骨部分や靱帯(じんたい )を破壊し、進行が進めは骨にまで進行します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。