リューマチ(リウマチ)関節炎症状・概要

「リューマチ(リウマチ)性疾患」とは筋・骨・関節の病気である。

「膠原(こうげん)病」という名前の病気もあるが、これは昔は病変の主体が皮膚の結合組織の中の膠原線維にあると思われていたためであるが、現在でも使用されている。関節リューマチ(リウマチ)は広い意味の膠原病に含まれる。

 関節リューマ(リウマチ)チは全身の炎症性疾患であるが、関節炎が主な症状としている。

その原因は異常な自己免疫によるもので、サイトカインという物質を分泌し免疫において重要な働きをしているリンパ球が異常な働きをした結果、余計な抗体が現れ自己の関節の組織に結合して関節炎を引き起こすというものである。

なぜ異常な働きをするようになるのかは、まだ原因は解明されていない。発症の引き金の1つとして、ウイルス感染も考えられている。

 関節リューマチ(リウマチ)は主に女性に多い疾患である。

発症は30歳代から40歳代が最も多いが、、完治する(治癒)疾患ではないので、結果的に高齢者に多く見られる病気となる。

ごく一部の人には1〜2年位で関節痛もなくなり、さも治ったかのように感じる例もまれにあるが、多くはよくなったり悪くなったりを繰り返しながら次第に関節変形などが進んで行くというのが実情です。

まれに非常に速く病状が進行する例もある。
遺伝するかといえば、そういう場合もある、ともいえます。

白血球の血液型のうちHLA-DR4という型の人は関節リューマチ(リウマチ)になりやすく、その型が遺伝した人もなりやすくなるという報告がある。

関節リューマチ(リウマチ)の程度は、症状がほとんどない軽いものから薬をいろいろ使ってもなかなか抑えきれない重いものまで種々のものがあり、温泉などの湯治で治療する人まで治療方法は実にさまざまです。

リューマチ(リウマチ)関節痛に効く温泉
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。